古布リメイク

古布リメイクとは古布が無ければつくれません。

古布は大正、明治、江戸と、
アンティーク着物の布が高価で希少な古布となりますが、

古いだけに耐久性に劣る古布が多く、
袖や襟、お尻などすりきれていたり傷んでいたり、

長い年月を経ると、
徐々に布も弱って来てしまうので良く確認してみましょう。

最近では、若者の間でアンティーク着物を
着るということが流行っていて、

若いのにモダンに着物を着こなしている人が
ゴスロリの如く見かけられます。

若い人が着物を楽しんでくれているのは
日本人としては嬉しいですね。

私の大叔母が人形作家なのですが、
古布を使って人形を作っています。

古布を使った人形の方が味が出るからだそうで、
ひな人形も古布でつくります。

でも最近は古布を手に入れるのも大変になったと
ボヤいていました。

大叔母は自分の作品の素材にこだわって、
古布を使用して人形作りに意識せず、
古布リメイクしているのでしょうね。


スポンサード リンク

着物リメイクや着物リフォームは、
タンスに眠ったままの着物を蘇らせる事が出来る、
活気的な手法なのです。